3. 技術コンサル・PF提供サービス

お問合せ


開発基盤プラットフォーム紹介  

 

GAP(Rayootech Global Application Platform)は、JAVA/。net技術に準拠した瑞友グループの研究開発院が独自に開発して、自社特許を所有しているアプリケーション開発プラットフォームです。 

長年のアプリケーション開発経験をベースに、フレームワーク、プラットフォームエンジン、高速開発ツールや各種モジュールライブラリなどを提供します。 


当プラットフォームの活用により、ソフトウェアの開発効率は高くなり、開発されたシステムの品質は、大いに高くなります。 


GAPは主に業務サポート/マネジメントサポート、CRM、SCM、EIP、ERP、OAなどの分野の業務に適用でき、金融、保険、流通や他の企業レベル業務システムを構築することが可能です。


当プラットフォームの設計時には、現在のソフト開発においてもっとも重要な三つの課題(①開発要員の配置、②ソフトのモジュール化、③開発の迅速化)を解決することに取組んできました。またこれらの課題を解決することにより、お客様の品質や開発周期などの要求を満足させ、より良いソフトウェア品質のシステムを実現することにより、お客様のTCOを下げることに寄与します。


また、GAPはスピーディーなアプリケーションの開発だけではなく、高度なモジュール化による大規模開発の標準モデルも提供できます。


GAPが提供する標準のプロジェクトフレーム構造と標準コードにより、標準のユニットテストや統合テストソリューションを実現することができ、オンライン開発のデータ辞書、やプラットフォーム活用により、プロジェクトの良好な保守性や拡張性を確保することができます。 


同時に、GAPには、ドキュメントシステムプラットフォーム、GAPプラットフォーム開発標準、GAPプラットフォーム開発マニュアルやFAQ、GAPプラットフォームトレーニング文書、GAPプラットフォームコミュニティサイトや技術知識などが、含まれます。


GAPプラットフォームは北京市科学技術委員会の「ソフトウェア製品登録証明書」を取得し、北京市自主創作製品と国家トーチプログラムに選定されました。2012年7月、中関村自主創作モデル区の新技術と新製品の認証を取得しました。